おいしさの比較/株式会社 沖縄南国フーズ


南国餃子

トップへ

沖縄県産アグー豚(あぐー)の手作り餃子(ぎょうざ)の販売を行っております。お取り寄せ・贈答にお勧めです。

おいしさの比較

アグー豚のお肉は、融点(脂分の解ける温度)が低く、うまみ要素が高く、ジューシーさが特徴です。
そのため、しゃぶしゃぶなどにも最適で、食べ方も幅広く利用され、様々に楽しむ事が出来ます。

一般的な豚に比べても数値的に差が出ています。

数値で比較

国産一般豚を100とした場合の相対比較。(豚ロース100g中の各種成分データ)

食味要素 項目 当豚 解説
うま味成分 ALA+GLY 137% 大きい程、肉の甘みが多い
GLU+ASP 72% 大きい程、肉のうま味が多い
総遊離アミノ酸 100% 風味・うま味が多い
総ペプチド(コク・まろやかさ) 65% コク・まろやかさが多い
食感 噛み切り軟らかさ 96% 小さい程、軟らかい
しなやかさ・柔軟性 108% 大きい程、しなやか
歯ごたえ・噛みごたえ 99% 大きい程、噛み切りにエネルギーが必要
もろさ 95% 大きい程、もろい
ジューシーさ 肉汁保持力 102% 生の状態での、肉汁の保持力
加熱肉汁損失 86% 加熱調理時の肉汁損失率
ジューシーさ 111% 加熱後の、多汁性
脂・香り成分 脂肪融点 96% 脂(あぶら)の硬さ、口溶け、舌触りに影響
総脂質 174% 脂肪交雑と正の相関
飽和脂肪酸 99% 香りが多い
不飽和脂肪酸 101%  
多価不飽和脂肪酸 103% 総合評価が下がる
パルチミン酸 104% 大きい程、脂、香り、甘みが多い
ステアリン酸 84% 大きい程、脂、香り、甘みが多い
オレイン酸 98% 大きい程、脂、香り、甘みが多い
リノール酸 111% 総合評価が下がる
リノレン酸 213% 総合評価が上がる

グラフで比較

比較グラフ

特徴的な点

うま味成分

甘みをアミノ酸である、アラニン、グリシンの量が、一般豚に比べ非常に多く、甘みの感じられる肉質が特徴的です。
うま味呈味アミノ酸量は、一般豚よりも少なく、熟成度合いの影響が考えられる。
遊離アミノ酸の全体量は一般豚と同程度。

食感

軟らかさ、しなやかさ等から、一般豚より軟らかい肉質が特徴的です。
噛みごたえについて一般豚と同じですが、肉質のもろさは一般豚の方が大きい。

ジューシーさ

生の状態の保水力は、一般豚とほぼ同等。当豚は、一般の豚に比べ、調理で加熱した時のうまみ成分の流出量が少なく、圧搾した際に出る肉汁率が高く、加熱後の肉質もジューシーである事が特徴的です。

脂質構成

赤身中の脂質量が非常に豊富で、一般豚を大きく上回っているのが特徴的です。
濃厚な食味があります。脂(あぶら)の質は一般豚と比べても大差がありません。

※検査対象のデータは、一部のサンプルを調査したものであり、種全体の平均を現すものではありません。
※以下のご提供先の、調査データをご参考にさせていただきました。
日本認証サービス株式会社
(調査当時:ジェネティックアイディー株式会社)

電話

Tel:098-998-1739 Fax:098-998-1696

(工場)〒901-0516 沖縄県八重瀬町字仲座1075番地2


2010-2015 © 株式会社 沖縄南国フーズ